好き嫌いは中古より新品がお得 2017年度

簡単で大人が食べてもおいしい料理がたくさん載っています。読みやすく、イラストも載っているのでとても参考になりました。実際に子供たちが食べている料理との事なので!安心です。

1月22日 オススメ商品♪

2017年01月22日 ランキング上位商品↑

好き嫌い好き嫌いをなくす幼児食 [ 加藤初枝 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

ちょっとお待ちを!詳しく見る前に!

楽天カードはお持ちですか?

今なら買い物時にカードを利用すると
なんと5000ポイントもらえます。

さらに、カードで購入すると
ポイントがいつでも 4 倍ついてきます。

3ステップで簡単登録できるので、楽天をご利用ならカードでお買い物が断然お得ですよー!

しかも「完全無料」でご利用できます。
詳しくは下記↓をご覧下さいませ。

キャンペーン中なのでお早めに~

大人メニューも見直す事が出来き!レパートリーが増えそうです。特に野菜の好き嫌いが多くて困っていました。子供が小食になってきてしまったので食生活を見直すために購入しました。子供の好き嫌いは解消はしないのですが!大変参考になった本でした。嬉しくて涙が出るほどでした。値段は確かに高いですが、作ってみると大人が食べても美味しく、簡単にできるものでした。発行が結構前だったので不安がありましたが、写真も綺麗で古臭さは感じませんでした。なかなか食べてくれるところもまでいきませんが、嫌いな物のどういうところが嫌いなのかが、なんとなく理解でき、少しずつ克服できたらいいな・・・と思えるような本でした。子供がなかなか野菜類など食べてくれず!食べてもべーっと出してしまい!どうしたらいいか困っていました。あまり目新しさは感じませんでした。オススメです。この本のお陰で不安が解消されました食わず嫌いする息子の為に、そして毎食用意する負担を少しでも軽くする為に買ってみました。この通りの味付けをすればきっと食べてもらえるのだと思いますが、もともとが地域性や個別性の高い味付けのお宅では大人にとってはものすごく平凡な味になってしまうのではないかなという気がします。どうして子どもが今まで食べなかったのか目に鱗でした!野菜を全く食べない2歳の娘のために購入しました。息子は小柄なので食べる量が少ないのではと思っていたのですが、そんなことはなく多いくらいでした。表紙のイラストの感じはちょっと古臭い感じがしたのですが(すみません・・・)!実際は画像も奇麗で読みやすく分かりやすい本でした。2歳の息子は!以前は野菜を良く食べていたのに最近殆ど食べてくれません。レビューを参考に購入しました。幼児の観察に基づく「食いつきのよしあし」を淡々と語っているため!読んでいて疲れません。4品ほど作りましたが!思った以上に食べてくれて!購入して大正解でした。味覚の個体差はとても大きいようです。と言っても幼児食っていったい・・??と思い購入。用心深い子供は、作ってもすぐには食べてくれず、そーっと口に入れて「もぐもぐ・・・」そして苦手な野菜も食べてくれて大感動でした♪買って良かったです。(今までは、見た目で野菜が入っているとわかっただけで、食べようとはしませんでした)私自身が料理が苦手なのと、どうせ食べないだろうという思い込みから、野菜を食べてもらうにはどう工夫してよいか全く分からず行き詰っていましたが、この本はそれを打開してくれたような気がします。文章も分かり易く!説得力があり!感銘を受けました。レパートリーを増やす目的!偏食をなおしたくて(米!キャベツなどをたべない)購入しました。レシピ数が少ないのが残念ですが!大人二人と子ども一人分というスタイルが良いと思いました。2歳になる子供のメニューもマンネリ化してきて、食事拒否することが増えてきた中、購入しました。子供の味覚や咀嚼力など色んなコメントと共に掲載されているレシピの数々は!本当に勉強になりました。やっぱり!基本小さく切って!味を付けて混ぜるなのかぁ。すべて好き嫌いなく食べれた…までは!いきませんでしたが!この本からヒントをもらえました☆一歳9ヶ月の息子の御飯がマンネリ化し!あまり食べてくれないときもしばしば。商品事態は良かったのですが使う機会があまりありませんでした。大人食と幼児食が同メニューにすることができ!実用的だと思います。欲を言えば、もっとレシピ数が多いといいですね。筆者の思い込みではなく客観的な事実に即して書かれているのだろうと思われますが、非常に科学的な感じがします。そろそろ離乳食も卒業して幼児食に移行時期。それっきりまた食べなくなったのですが、みじん切りにしてチャーハンなどに入れた野菜は食べてくれるようになりました。タイトルと評価に惹かれて購入しましたが、この本のレシピを1品作ってみてもやはり食べてくれませんでした。本を購入して1カ月程経った頃、何を思ったのか娘は細切りにしたピーマンをパクッと口に入れ、「美味しい」と言ったのです。ちなみにうちの娘はシナモンやらひじきが大好きですが、自分の小さいころはどちらも受け入れられませんでした。この本を読んでなるほどと納得。(涙)気長に作り続けてみます。本にはレシピだけではなく!献立!摂取量!など載っていて分かりやすかったです。ただし、それが本当に将来の好き嫌いのなさにつながるのかはこの本のよしあしとは別に疑問。今までは!どうせ食べないだろうと作ることのなかったメニューも!本の献立例を参考にしながら作るようにしました。(幼児にとって「苦手なものを食べることができた」という自信は確かに大きいものですが)さらに味付けについては一般的な子供の特性について書かれているため!現在御自身が作っている料理の味付けの何が子供に好まれ!何が受け入れられないかがよくわかります。